レンタルワイファイ

【どんなときもwifi】頂上決戦【NEXTmobile】

2019年11月18日からネクストモバイルのプランがリニューアルされました。

新プランは

  • フラット20プラン(月額2400円/上限パケット20GB)
  • フラット30プラン(月額2700円/上限パケット30GB)
  • 使い放題プラン(月額3100円/パケット無制限)

ですが、「使い放題プラン」は先行サービスのどんなときもwifiを超えるほどのコストパフォーマンスです。

本記事ではネクストモバイルの使い放題プランとどんなときもwifiのプランについて比較していきます。

どんなときもWiFi

ネクストモバイル

【公式】ネクストモバイル

ネクストモバイル・どんなときもwifiは株式会社グッドラックが運営

ネクストモバイル・どんなときもwifiは実は運営会社が同じです。

福井県にある株式会社グッドラックがサービス提供を行っています。

会社名 株式会社 グッド・ラック
ホームページ https://good-luck-corporation.co.jp/
代表取締役 佐々木 允浩
設立日 平成22年3月17日
本社住所 〒910-2178 福井県福井市栂野町第15号1番地2
TEL 0570-015-154(総合ナビダイヤル)/0120-020-015(解約専用FD)
この番号からのお申込みは受け付けておりません。予めご了承くださいませ。
E-MAIL support@next-mobile.jp
事業内容 インターネット接続サービス
インターネット会員サービス
その他インターネット関連事業
事業者区分 D-27-00408
従業員数 657人(2019年2月末時点、アルバイト・パート含む)
※弊社を含む連結グループ全体

運用歴は9年とこの業界にしては最古参の会社です。

どんなときもwifiのサービスリリース前からネクストモバイルのポケットWIFIサービスは提供されていましたが、次々に出るWiMAX・ポケットWIFIの条件のいいサービスに押されて、旧プランはお得とは言えないものになっていました。

そのプランを一新させて、自社でもっとも勢いのある「どんなときもwifi」超えの価格を打ち出してきたのです。

【公式】ネクストモバイル

ネクストモバイルとどんなときもwifiのサービスを比較

両者ともにWiMAX・ポケットWIFI等と同じく、パケット無制限のwifiルーターサービスです。

その違いについて見ていきましょう。

ネクストモバイル どんなときもwifi
月額使用料 2400円(フラット20GBプラン)
2700円(フラット30GBプラン)
3100円(使い放題プラン)
3480円
フラット20GBプラン 1~24か月目:2400円(税抜)
25か月目以降:2900円(税抜)
フラット30GBプラン 1~24か月目:2700円(税抜)
25か月目以降:3200円(税抜)
使い放題プラン 1~24か月目:3100円(税抜)
25か月目以降:3600円(税抜)
初期費用
契約事務手数料3000円
契約事務手数料3000円
オプション(選択加入)
・安心サポート 300円 (税抜)
・My NEXTサポート 907円 (税抜)
端末保証400円/月
端末費用
無料(端末プレゼント)
レンタル無料
送料 無料 無料
発送までの期間 最短即日発送 最短即日発送
指定契約期間(縛り) 24か月(24か月更新プラン) 24か月(24か月更新プラン)
解約違約金 12ヶ月以内:19,000円(税抜)
13〜24ヶ月以内:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(25か月目):0円
12ヶ月以内:19,000円(税抜)
13〜24ヶ月以内:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(25か月目):0円
通信回線 ソフトバンク回線 ドコモ・au・ソフトバンク回線
通信速度 30-60Mbps(目安) 30-60Mbps(目安)
通信量上限 なし(1日/3GB 3日/10GBの通信制限はなし) なし(1日/3GB 3日/10GBの通信制限はなし)
海外通信 未対応 131か国対応
支払い方法 クレジットカード(フラット20GBプランのみ口座振替対応)
※口座振替手数料200円/月
クレジットカード/口座振替
特記事項 いつでも解約サポートあり いつでも解約サポートあり

いつでも解約サポートは株式会社グッドラックのみのメリット

株式会社グッドラックが提供するネクストモバイル・どんなときもwifi共通で「いつでも解約サポート」というサービスがあります。

これは、違約金がかかってしまう2年縛りの契約期間中でも、違約金なしで他サービスに乗り換えができるという非常にお得なサービスになっています。

実際に通信速度や通信可能エリアに関しては、届いてから使ってみないとわからないですよね。

実際に使用してみて、速度が出ない場合でも2年縛りが足かせになって契約に踏み切れないというユーザーの悩みを見事に解決しています。

適応条件は

  • ネクストモバイルが案内する事業者へ乗り換えること

となります。

もしネクストモバイルが合わなかった場合でも、違約金なしで他のインターネット接続サービスを紹介してくれるという形になります。

利用方法は下記のとおりです。

いつでも解約サポート利用方法
  • 契約時の書類に記載された番号(0120-320-146)に電話をする(通話料無料)
  • もしくは「いつでも解約サポートについて」WEBで問合せ(24時間受付)
  • 要望に見合った回線を提案→乗り換え手続きを実施
  • ネクストモバイル解約(解約違約金はネクストモバイル側の負担)

非常にユーザーニーズに応えた素晴らしいサービスですね。

どんなときもwifi・ネクストモバイルのどちらを契約してもこのサービスが受けられるのは嬉しいですね。

【公式】ネクストモバイル

どんなときもWiFi

ネクストモバイル

料金面ではネクストモバイルの方がお得感が強い

月額使用料金、初期費用等について比較しましょう。

ネクストモバイル どんなときもwifi
月額使用料 3100円(税別) 3480円(税別)
月額使用料
25か月目以降
3600円(税別) 3980円(税別)
初期費用 契約事務手数料3000円(税別) 契約事務手数料3000円(税別)
解約違約金 0〜12ヶ月:19,000円
13〜24ヶ月:14,000円
25ヶ月目:0円
26ヶ月〜:9,500円
0〜12ヶ月:19,000円
13〜24ヶ月:14,000円
25ヶ月目:0円
26ヶ月〜:9,500円
更新月 25か月目(1か月間) 25か月目(1か月間)

月額料金については、ネクストモバイルの方が安くなっています。

月額380円、年間で4560円の差額となります。

初期費用については両社ともに3000円と同額となっています。

ネクストモバイルのパケット無制限で月額3100円という価格は、この業界で見ても最安値となっています。

ただし、両者ともに25か月目以降は500円/月額の料金アップがあるため、2年以上契約する際には注意が必要です。

解約の際は25か月目に行わないと違約金が発生するため注意が必要です。

どんなときもWiFi

ネクストモバイル

パケット無制限という点では両者互角のサービス

一般的なWiMAX・ポケットWIFIのサービスでは、月間パケット通信量が無制限となっていますが、短期間でのパケット通信量に制限があることはあまり知れられていません。

通信業者別 通信制限
WiMAX 直近3日で10GBを超えた場合、 翌日18時から翌々日2時まで速度制限
ポケットWIFI 直近1日で3GBを超えた場合、当日18時から翌日1時まで速度制限

このデメリットについて、ネクストモバイル・どんなときもwifiの両者で解決しています。

特にネクストモバイルは、ソフトバンク回線を使うため「ポケットWIFI」に分類されますが、1日に3GB以上使用しても速度制限の対象にはなりません。

両者ともに短期間・月間でのパケット無制限です。

1人暮らしの方や学生の方、出張が多い方など、光回線などの固定回線の代わりになるポテンシャルを秘めたサービスです。

このようなパケット無制限のwifiルーターサービスであれば、引っ越しに伴う固定回線の面倒な契約や工事に高いお金を払うことなく、簡単に持ち運べる点もメリットでしょう。

【公式】ネクストモバイル

どんなときもWiFi

ネクストモバイル

使用回線の種類ではクラウドSIM採用のどんなときもwifiが強い

ネクストモバイル どんなときもwifi
通信回線 ソフトバンク回線 ドコモ・au・ソフトバンク回線

ネクストモバイルはソフトバンク回線を使用して通信する一方、どんなときもwifiはドコモ・au・ソフトバンク回線のいずれかを選択して通信することが可能です。

これは「クラウドSIM」という仕組みを利用しているためで、その場所で最も繋がりやすい回線を自動的に選んでくれるという非常に優れたものになっています。

特にその実力が発揮されるのは建物の中や地下鉄などの「何かに囲われた場所」での使用時です。

WiMAX回線はau回線の2.5GHz帯を使用しており、この電波は「遮蔽物に弱く反射してしまう」という特徴があります。

そのため、WiMAXの口コミ評判では「繋がりにくい」とい声をよく聞くことと思います。

その点クラウドSIM採用のどんなときもwifiでは、どんな場所でも繋がりやすいというメリットがあります。

この点においては、トリプルキャリア対応のどんなときもwifiの方が優れいているといえます。

どんなときもWiFi

ネクストモバイル

海外利用においてはどんなときもwifiの方が有利

ネクストモバイル どんなときもwifi
海外利用 不可 131か国対応
渡航国A:1280円/日
渡航国B:1880円/日
通信上限:1GB/日

どんなときもwifiは前述のクラウドSIMの恩恵で、何も設定することなく海外でも利用可能となっています。

一方でネクストモバイルはポケットWIFIのため、ソフトバンク回線しか繋がりません。

通常、通信を行う場合はその国や地域にあったSIMカードを入れる必要があります。

クラウドSIMは収容局にSIMカードがあるようなもので、自動で切り替えてくれるため海外でも通信が可能となっています。

頻度の高い海外利用を前提にする人であればどんなときもwifiを選択した方が良いでしょう。

【公式】ネクストモバイル

どんなときもWiFi

ネクストモバイル

使用端末についてはネクストモバイルの方が使いやすい

ネクストモバイルでは富士ソフト株式会社製のFS030W

どんなときもwifiではグローカルネット製のD1(U2s)を使用しています。

ネクストモバイル どんなときもwifi
端末名 FS030W U2s
重量 約128g 151g
端末サイズ 74.0×74.0×17.3mm 127×65.7×14.2mm
連続通信時間 20時間(Bluetooth通信24時間) 約12時間
下り最大 150.0Mbps 150.0Mbps
上り最大 50.0Mbps 50.0Mbps
付属品 MicroUSBケーブル(充電用)
ACアダプタ
電池パック
MicroUSBケーブル(充電用)
ACアダプタ microUSB(USB2.0)1.5A MAX 2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。
お客様側でご用意いただくか、申込みフォームにて専用充電器の販売もあります。
同時接続台数 最大15台まで 最大5台まで
実売価格 13,000円程度 18,000円程度

ネクストモバイルの使用端末(FS030W)の方が手のひらサイズでコンパクト、重量も軽くポケットに入れてもかさばりません。

連続通信時間も20時間と非常に長く、付属品ではACアダプタも付属します(どんなときもwifiはなし)。

同時接続台数も15台までと非常に多く、イベントや会議など大人数が集まる場所での使用にも向いています。

また、FS030Wは別売りのクレードルを使用することで有線接続も可能となります。

どんなときもWiFi

ネクストモバイル

まとめ

以上、株式会社グッドラックが提供する「ネクストモバイル」「どんなときもwifi」のパケット無制限のwifiルーターサービスを比較してきました。

繋がりやすさを重視するならどんなときもwifi



 どんなときもwifiのメリットはやはりクラウドSIMを採用している点でしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクの電波の中で最も繋がりやすいものを選んでくれるというのは、今までWiMAX等を使用していて「繋がりにくい」と思っている人には非常におすすめのサービスです。

価格帯としては決して安くはありませんが、クラウドSIMの恩恵を受けるという意味では価格以上の価値があるでしょう。

同時接続台数が少ない点について納得できるのであればお勧めできるサービスです。

どんなときもWiFi

コスパを重視するならネクストモバイル「使い放題プラン」


ネクストモバイルのメリットはやはり月額使用料が最も安いという点でしょう。

パケット無制限のwifiルーターサービスはどんなときもwifi以外にも、よくばりwifiや氷川きよしさんがイメージキャラクターになっている限界突破wifiなど様々存在します。

それらと比べても月額3100円というのはダントツで安いです。

どんなときもwifiと比べて海外利用ができないデメリットについては、よほど海外出張の機会がないのであれば考える必要はないでしょう。

連続通信時間が長くコンパクトという点も非常に魅力的ですね。

【公式】ネクストモバイル

ネクストモバイル

格安SIMを使っている人で、最低パケットプランと比較して3000円以上多く支払っている人はパケット無制限のwifiルーターサービスを契約することで月々の通信費を節約することが出来ます。

また、光回線等の固定回線も解約してしまえば今まで以上に通信費の削減ができるでしょう。

ネクストモバイル、どんなときもwifi、あなたはどちらが向いていましたか?

どんなときもWiFi

ネクストモバイル